危険なビジネスに注意喚起!矢口航平のYBKプロジェクト

危険なビジネスに注意喚起!矢口航平のYBKプロジェクト

詐欺ペディアをご覧いただきまして、ありがとうございます!

今回紹介するのは、矢口航平の「YBKプロジェクト」という物になります。勝手にお金が振り込まれるというような怪しい情報商材の類ですので、注意してみていきましょう。

特定商取引法に基づく表記

販売会社 株式会社エス・エス・エム
販売責任者 矢口航平
電話番号 03-4405-4400
メールアドレス ybk.customer@ybk-bb.net
サポート対応時間 10時~17時
所在地 大阪府大阪市中央区内平野町2丁目2番7-302号

実はこの住所ですが、格安レンタルオフィスのようです。レンタルオフィスは、基本的にビジネスが軌道に乗っていない人が借りるようなものになります。

オフィスにお金をかけないという考えのもとで借りる人が多いのですが、月に1億円以上稼いでいるという矢口航平であれば、簡単にオフィスを構えることができるのではないでしょうか?

それらを考慮しても、矢口航平自体が実績に関して嘘を話しているというケースが非常に濃厚であり、そういった人の商材はまず間違いなく詐欺商材であるというのが一般的な考え方です。

どんなビジネス?

今回のYBKプロジェクトは、毎月最低153万円が振り込まれ、最短31日で1億円を叩き出す情報を公開しているとのことです。

利用方法

  1. YBKプロジェクトに応募する
  2. まずはプロジェクトに応募してください。
    応募したからといって費用が発生したり、メールがたくさん
    届くようなことはありませんので安心してください。

  3. もろもろの設定をする
  4. プロジェクト応募後に、YBKの設定を行ってください。
    設定は10分ほどで完了するので、面倒な作業などは必要ありません。
    ※利益を受けとる口座をご用意ください。

  5. 強制着金スタート
  6. いよいよ強制着金スタートです。
    あなたが「もうお金なんていらないよ…」と思っていても
    強制的に振り込まれます。お楽しみに。

このように記載されているものの、具体的な手法やどのようなものを使って稼ぐのかというビジネスモデルに関しても一切出てきません。

金額が書かれていないってどういう事?

今回のYBKプロジェクトでは、特定商取引法に基づく表記には、「一括:198,000円(税込)」という表記があるものの、動画内にも販売ページにもその金額が記載されていません。

これは一体どういうことなのか?いかにも怪しいオファーだからこそ、金額を提示してしまうとお客さんが来なくなる。だから支払いの直前まで金額を伏せておこうという販売者側の意図ではないかと思います。

たくさんのインターネットビジネスを見てきましたが、金額が書かれていないのは初めてで、それだけに今回のYBKプロジェクト自体が非常に悪質なものであるということがわかります。

仮想通貨でないことは公開されている

今回のビジネスモデルは最終的に出てきませんでしたが、仮想通貨でないことは公表されているという事です。仮想通貨は現在最も値動きの大きな投資対象の一つとも言われていますので、「この仮想通貨が勝手に値上がりしていきますよ」というようなオファーという線も疑っていたのですが違うようです。

「勝手に入ってくる」「1日5分程度の作業がいる」という事が条件に上がえられていましたので、投資系のビジネスモデルだとは思うので、

  • FX
  • バイナリーオプション
  • ブックメーカー

などが考えられるのではないかと思っています。ただ、もしそうだとしても毎月最低153万円という事ですから、元手がすごい金額必要になるか、かなり大きなリスクを伴う物だと考えられます。

例えば、バイナリーオプションの場合には、相場が開いている20日間で150万円以上の金額を作ろうと思ったら1回10万円の投資を1日1回やって9割くらいの勝率を出さないと得られない金額になります。1日5分であれば1回~5回くらいが限界でしょうから、かなりの勝率を出すか、数をこなす必要があります。

しかし、実際このような投資ツールでの勝率というのは9割を超えるようなものはありません。良くても7割程度の勝率しかないわけですから、最終的に損をする確率の方が高いです。にもかかわらず「最低153万円」という表記自体が誇大広告になっていると思います。

また、その他の投資方法であっても、それを動画内で紹介していない時点でその手法が存在しないか、知識のある人なら嘘だとわかるような内容であるという証拠でしょう。

こういった商材には近づかないのが賢明でしょう。

まとめ

今回は、矢口航平のYBKプロジェクトについて見てきました。一般公開されている情報が非常に少なく、何に対して投資をするのかも、どのようなビジネスなのかも公開されていないこのような案件は、十中八九詐欺商材であり、検討の余地もありません。

また、金額を隠すという悪質なものでもありますので、絶対に参加するべきではないでしょう。もしもすでにお金を支払ってしまっている人がいれば、返金を申し出てみるのが良いでしょう。相手も悪評を広めたくなくて返金するというケースもありますので、まずは申し立てをするべきです。