短期間で痩せるには運動よりも食事制限

ダイエットを計画する時にはどのくらいで時間をかけて、どのくらいの体重の減少を目標にするかを明確にすることが必要です。モチベーションを保たせるためにも、計画を持ってダイエットを実行すべきです。

ダイエットでは、消費カロリーを増やすことか摂取カロリーを減らすことしか方法はありません。具体的には運動で消費カロリーを増やすか、食事制限で摂取カロリーを減らすか、両方を実行するかです。
健康的に痩せる方法という意味においては運動を増やすことによって消費カロリーを増やす方法が良いのですが、あまり激しい運動は体に負担をかけるので自信のある人以外は激しいん運動は避けるべきです。

短期間で痩せる方法という意味においては食事制限に重点を置く必要があります。激しい運動以外は運動は思ったほどカロリーを消費しないのに反して、食事を制限すればかなり大きく摂取カロリーを減らすことができます。別に運動をしなくてもいいというわけではありませんが、短期間で痩せる方法としては運動よりも食事制限を中心にしなければ達成することは難しいというわけです。

ただし、気をつけなければならないことは、食事制限は短期間で痩せる方法としては理にかなっているといってもいいのですが、それも必要な栄養素は取らなければ続きませんし、健康にダメージを与えることもあります。しっかりした栄養素を取ることは最低限満たしたうえで摂取カロリーを少なくすることが必要なのです。たとえば、短期間で痩せる為と言うことで3食をずっと抜いてみたり、一日一食といった極端なやり方はやめた方がいいでしょう。

最近ではほとんどの食品にはカロリー表示がされていますし、カロリー表示がされていないような食品であれば、インターネットを検索すれば比較的簡単に調べることができますので、食事制限を計画的に実行することが容易になっています。計画的に健康的にうまく短期間で痩せる方法を実行しましよう。