短期間で痩せるには炭水化物を減らすのが効果的

短期間で痩せる方法としては、普通に食事しながら炭水化物だけを減らすのが効果があります。いわゆる糖質制限です。

糖質制限ダイエットや、肉や魚などのタンパク質はしっかり摂って糖質だけカットするというダイエット方法がありますが、糖質だけを食べないことは意外と難しいように思います。糖質にはイモや果物、乳製品なども含まれるので、うっかり口にしてしまうこともあるように思います。
ストイックに減量に取り組める人ならいいですが、ものを食べるときは無意識の部分もあったりしますので、最初はうまくいってもそのうち嫌になりそうな気がします。

とはいっても、短期間に痩せるには糖質である炭水化物を減らすと効果が大きいのです。日本人は炭水化物好きだと言われます。ご飯だけでなくパン、うどんなどの麺、お好み焼きなどの粉ものと、確かに炭水化物ばかり摂っていますね。パン屋やラーメン店も多いです。白いご飯を食べないと食事した気がしないという人もいることでしょう。

しかしこのおいしい炭水化物はダイエットの敵です。しかしきっぱりと止めてしまうことは炭水化物が好きでない人には無理なくできても、大好きな人にはストレスのたまる方法です。そんな場合は、お茶碗を子供用の物に代えたり、お代わりはしないなど、自分に合った方法を見つけて無理のない範囲で炭水化物を減らすと長続きします。

短期間で痩せる方法といっても、○○しか食べないなどの極端な方法では体に無理が来ますし、当然のようにリバウンドします。一週間に3キロなどあまりに高い目標を決めたりすると、結局ダイエットに失敗することになりかねません。

炭水化物を減らすと同時に、運動不足に人は体を動かすことを習慣づけないと、基礎代謝が低くなってますます痩せにくくなります。食べることだけに意識を集中するのではなく、生活全般を見直すことが大切です。ストレスをためない、睡眠不足にならないことも、代謝を上げるうえでは大事です。