今話題の食べる順番ダイエットとは

ダイエットは時代ごとに様々なものが登場しますが、過度な運動や食事制限などを伴うものは中々続くものではありません。またこうしたダイエットは一週間や1ヶ月など期間限定で行えばあっさり痩せてしまうこともありますが、その後のリバウンドも激しいため、中々長期的に安定して痩せるということは難しいものになっています。

そうした中、普段の生活に容易に取り入れることが可能で、負担も我慢も無い方法が食べる順番ダイエットです。これは文字通り食べる順番を考慮するだけで痩せるというものですが、食事制限やレシピを質素にしなくても、こうした食べる順番を考えるだけで痩せることが出来るという夢のような内容になっています。ここではこの食べる順番ダイエットの仕組みについて見ていきましょう。

まずこうした食べる順番を意識する理由としては、血糖値の上昇が大きなポイントになります。人間の体は何か食べ物を口に入れると血糖値が上昇しますが、炭水化物や甘いものではその上昇度合いがかなり急なものになってしまいます。そのためこうした急激に上昇した血糖値を下げるために、インシュリンが体内から大量に分泌されますが、その結果低血糖状態になってしまいます。
こうした低血糖状態ではさらに食欲が上昇してしまいますし、脂肪を溜め込みやすい状態になってしまいます。そのため食べる順番を意識して、このような急激な血糖値の上昇を避けることを目的とした方法になっています。

では具体的な方法について見ていきましょう。炭水化物や甘いものは血糖値を急激に上げてしまうので、まずはサラダなど血糖値の上昇が起こりにくいものを食べていきます。その後肉や魚などを食べ、最後に血糖値の上がりやすいデザートを食べるという流れですが、これらはフルコースなどの食べる順番とほぼ同じものになっています。前菜から主食、主食からデザートというような流れは痩せるためにも非常に理想的な流れになっているので、意識して食べる順番を変えることが重要です。