食べながら痩せられる夢のような食事療法です 

レジスタントスターチダイエットをしています。きっかけは、私が太ってきたことを気にしていたら、知人がテレビで見たというレジスタントスターチダイエットを教えてくれたことです。最初は聞き慣れない言葉で、何それ? と言ってしまいましたが、世界一受けたい授業でやったことで大きな反響となったダイエット方法です。その後、ネット上でも散見されているダイエット方法になりました。

食品に一工夫させるだけで、ダイエット効果が見込めるという方法です。岐阜大の早川先生の話しなので、確実です。レジスタントスターチは、消化されないでんぷんということです。保温されている米よりも、冷えている米の方が小腸で消化吸収されにくい、つまりカロリーが蓄積されにくい、ということです。だから食べても太りにくくなります。むしろ痩せます。

冷えている米は、便通にも良い食物繊維に似通っている成分も含まれているということで、痩せることにますます良いです。温まっている米は吸収されやすくなります。冷えている米は、レジスタントスターチというものになるため、小腸で吸収されにくいとされています。

私はこの話しを聞いて、ネットでも見かけてから、米を冷やすように心がけました。運動する時間もなかなか取れない、でも、食欲だけはある、という状態で困っていたからです。私のやり方ですが、予め炊飯器から食べたい分の米を大きなお皿に取ります。米を伸ばして、しばらくして冷めたら、冷蔵庫に入れます。冷蔵庫で少し冷えた4度くらいが、レジスタントスターチ値が高まるということだからです。

確かに太りません。一食で2膳ほど食べても全然お腹が出ません。ただし、温かいご飯ではないので、美味しさは半減してしまいます。冷たいし、固いです。カロリーが吸収されないというのは、本当だろうな、というのは冷たい米を食べていれば実感できます。食べたな、というある程度の満足度は得られますが、温かい米を食べたときのような満腹感はないからです。それでも食事制限なく痩せられるので、良い方法です。即効性がある痩せる食事メニュー方法でした。