ヘンリーヒデオウエノ GIVE NEXTプロジェクトの実態

ヘンリーヒデオウエノ GIVE NEXTプロジェクトの実態

詐欺ペディアをご覧いただきまして、ありがとうございます!
今回、批評レビューしていくのはヘンリーヒデオウエノさんという方がオファーをしているGIVE NEXTプロジェクトという情報商材です。

本当に稼げるビジネスなのか、はたまた怪しいビジネスであり詐欺商材なのか詳しくご紹介していきます!

特定商取引法に基づく表示

販売業者 株式会社 WORLD INVESTMENT SYSTEMS
所在地 東京都中央区日本橋2-2-3 RISHEビル UCF4F
メールアドレス info@give-next.jp(@を半角に変換して下さい。)

責任者の名前もありませんし、電話番号もありません。
また、販売者であるはずのヘンリーヒデオウエノですが、本当に本名なのかわからない(というか、きっと本名ではない)名前ですし、元ゴールドマンサックス副社長というのも、証拠がありません。

どんなビジネス?

  • 元ゴールドマンサックス副社長の敏腕トレーダーの教え
  • 知識ゼロで稼ぐ次世代型仮想通貨メソッド
  • 日利30億円の負けの存在しない投資術

というのが今回のキャッチコピーになります。日利30億円とはまた大きく出たなという感じです。このキャッチコピーにもあるように、仮想通貨投資が今回の案件の主題になります。今回の案件は、仮想通貨のアービトラージのようです。

アービトラージとは、利ザヤを意味しており、投資の定番の手法にもなっている方法です。仮想通貨の売買には売値と買値が違っています。例えば買うときには100万円だけど、売る時には95万円というようになっています。これは、この差額が取引所の手数料になるわけですが、この価格は取引所ごとに差があります。

そのため、Aという取引所で
買い:100万円
売り:95万円
という状態で反対にBという取引所で
買い:105万円
売り:101万円
というような金額だった場合、Aで購入した直後にBで売れば、1万円の利益が出ます。

このように差額を利用した取引がアービトラージになります。仮想通貨においてもシステムの早さで各取引所同士の価格にも差が出るでしょうし、売りと買いの手数料に差をつけている可能性もありますので、それを利用するもののようです。

因みに、今は例として取引所間のアービトラージを説明しましたが、その他にも同じような値動きをする通貨が2つあれば、その通貨間でのアービトラージも可能になります。

アービトラージはリスクもある

一見すると、アービトラージは購入する前から利益が確定しているため、再現率が非常に高い様に見えるかもしれません。しかし、実際には決済のタイミングでネットが遅かったりするだけで価格が変動してしまい、損失を出したりする可能性があります。

また、先ほどの例で言うと、Aという取引所とBという取引所に資産が分散するわけですから、ある程度の利益を出そうと思ったら、かなりの資金が必要になります。

そして、取引手数料は取引所同士での価格競争になる可能性が高く、将来的にはなくなる可能性が大きいです。

また、仮に取引所間のアービトラージだった場合、Aという取引所でビットコインを購入してから、Bという取引所にそのビットコインを送金し、さらにBという取引所でビットコインを日本円に変えたりする必要がありますが、送金手数料がかかったり、その間に暴落してしまう可能性を考えると、確実に勝てるとは言い難いビジネスモデルです。

個人情報の流出の可能性大

今回の案件が危険なものであるという事の一つですが、あなたの登録した個人情報が流出する可能性が高いです。個人情報の取り扱いについての項目として、下記のような記載があります。

お客様からウェブフォームへの入力等によりご提供いただいた氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、住所等の個人情報は、お客様へのご連絡、スマイル、メルマガの配信、及びこれらに付随するサービス等のご案内、今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、アンケート等の依頼、アクセス情報の分析、その他これらに関連する目的に使用させていただきます。

この文面からもわかるように、「その他これらに関連する目的に使用」となると、どんなものに対しても「関連する」という事を言えば、個人情報を使えると言っているようなものです。

この案件に登録したが最後、詐欺案件の案内がどんどんとメール配信されてきたり、住所を入力してしまった場合には、直接郵便物が届く可能性だって出てきます。

法律的にどこまで守ってもらえるのかはわかりませんが、簡単に情報を登録しないのが身のためでしょう。

高額塾への誘導

今回の案件では、主催者もあいまいですし、到底本名とは思えないような人がメインとして話が進んでいますが、その後高額塾への誘導も考えられます。その時にはこのヘンリーヒデオウエノではない可能性もあり、「○○の第一人者であるAさんが 主催の・・・」といったように勧誘が来るかもしれません。

インターネットビジネスでは、たまたまその手法で稼げた数%の人には、さらに高額な商品を売る(一度稼げてしまったので信用してしまう)という事が頻繁に行われている業界だけに注意が必要でしょう。

まとめ

今回はヘンリーヒデオウエノ GIVE NEXTプロジェクトについて見てきました。

非常に悪質な商材のにおいがしますし、個人情報の管理に関しても悪意を感じざるを得ませんので、くれぐれも参加しないように注意しましょう。