希望者のみ返金!?GIFTプロジェクトは詐欺商材

希望者のみ返金!?GIFTプロジェクトは詐欺商材

詐欺ペディアをご覧いただきまして、ありがとうございます!

今回紹介するのは、GIFTプロジェクトという物になります。
「参加者全員に10万円を毎月私から“現金”でギフトし続ける事をここでお約束させて頂きます。」という甘い言葉にお金を支払ってしまった人は多いかと思いますが、実際にこの商品はどのようなものなのでしょうか?

特定商取引法に基づく表示

販売ページ http://giftproject2017.net/final/partner/
販売者 株式会社animus 加藤浩太郎
合同会社SOULEIADO
住所 大阪府大阪市浪速区難波中2-7-7
東京都目黒区五本木2-23-12
連絡先 080-4170-5566
03-4405-5446
customer@katokotaro.com
info@giftproject2017.com

最低限必要そうな内容としてはありますが、運営が株式会社と合同会社の二つ存在するというのは少し怪しい感じがしますね。

ビジネスモデルは?

今回のGIFTプロジェクトに関しては、FXを利用したもののようです。システムを利用して運営者である加藤浩太郎があなたのFX口座で取引をするという形のビジネスモデルになっています。

この方法、金融商品取引法などに違反しているようにも思えますが、実際には海外でもかなりメジャーな方法のようです。しかし、日本では金融庁に登録のない個人がこのようなうんようをしていると金融庁からの警告が来ます。

合同会社SOULEIADOが金融庁の金融機関情報に確認したところ、登録がされていませんでした。そのため、本来であればこのGIFTプロジェクトは、金融庁の警告対象にもなる非常に危険なプロジェクトになります。

運用の委託は詐欺の温床

このプロジェクトでは、自分のFX口座の取引を加藤浩太郎に委託するような流れになっています。つまりこのプロジェクトで謳っている「毎月10万円をギフトし続ける」というのは、取引を加藤浩太郎が代行して、FX口座に資金が貯まっていくということだそうです。

しかし、実はここで注意しなくてはならないことがあります。それは、この方法ですがもしも使っているFX口座でポジションを保有している場合には出金ができないという危険があります。

FXを経験したことがある人はわかると思いますが、FXでは口座に振り込んである中から、実際に今取引をしているポジションの証拠金を差し引いた額が自由に動かせる金額となります。

その自由に動かせる金額を他のポジションに使うのか、出金するのかは個人の自由ですが、
「ポジション数×証拠金」
に関しては、出金ができないということなのです。

つまり、もしも口座残高に対してギリギリまでポジションを取られてしまうと、いくらお金が口座に入っていようが出金できないのです。海外ではこれらのシステムを利用して、わざとマイナスポジションを保有し続けた結果、資金が抜かれるというような詐欺も発生しています。

今回の加藤浩太郎が詐欺を働くつもりがあるのかは別にして、そのようなリスクを説明されていないというのは事実です。また、FXでは通常ロスカットと呼ばれる仕組みがあります。ロスカットとは、もしも現在のポジションに対して大きな損失を出したときに、口座残高を割り込むようなことがあれば、自動的にそれ以上の損失を出さないように決済してしまうという仕組みです。

そのため、もしも出金した後に大きな損失があると、自動的にロスカットにかかってしまう可能性もあるという事です。

被害者の会があり、実際返金もされる

今回のGIFTプロジェクトでは、非常に多くの人が詐欺商材だという事を訴えています。そして、その結果GIFTプロジェクト運営側も希望する人に対しての返金処理を行っているようです。

インフォトップからも返金のメールがくるようですが、実際にメールが来た人は2か月以内に返金の確認が取れたということです。ただし、クレジットカードでの決済自体を取り消すことはできないようで、24回払いの人であれば24回の返金という形になるという事です。

そのため、1回の返金額自体は5000円くらいで、それが毎月返金されるということになるようです。クレジットカードの締日や支払い日はカード会社によってそれぞれ異なりますので、日にちに関しては多少の誤差があるようです。

しかし、全員に返金をしているのではなく、申請があった人にしか返金をしていないという事ですから、もしも申し込んでいる人がいればすぐにでも返金要請をするべきでしょう。

まとめ

今回は加藤浩太郎のGIFTプロジェクトについて見てきました。今回の案件に関しては非常にわかりやすい詐欺商品でしたし、インフォトップからの返金があるという事ですから、安心できます。

このように、間にちゃんとした会社を挟んでいることでスムーズに返金が可能になりますが、もしも今後検討する商材が、自社で決済システムの代行を入れている場合には注意が必要です。
ペイパルなどの有名な決済会社が入っていれば良いですが、聞いたこともないような決済代行会社が入っている場合には、何か後ろめたい事情があると考えて間違いありません。

間違ってもそういった業者に対して支払いはしないように気を付けましょう。