詐欺確定案件?安藤真の『友達の輪プロジェクト』の全貌

詐欺確定案件?安藤真の『友達の輪プロジェクト』の全貌

詐欺ペディアをご覧いただきまして、ありがとうございます!

今回紹介するのは安藤真の「友達の輪プロジェクト」です。キャッチコピーとしては、

初月から最低月収40万円が完全保証された日本一『他力本願』な企画が遂に始動!【友達の輪プロジェクト】合計749名が友達100人を受け取って最低月収40万円を稼いだ?完全なる『モットー』にした『友達の輪プロジェクト』を完全公開!

というものです。では、詳細を見ていきましょう。

特定商取引法に基づく表示

運営責任者 安藤 真
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942
電話番号 050-5306-7281
※お問い合わせはEメールでお願いいたします。
Eメールアドレス response@friend-project.com
※お問い合わせはEメールでお願いいたします。

特定商取引法に基づく表記に関しては、会社名がないのが気になるところです。個人でやるよりも法人の方が信頼が得られるにもかかわらず、運営会社名がないというのは、証拠を消したいという目論見かもしれませんね。もしも安藤真という名前が偽名だった場合には、会社もわからないので、それ以上探すことが難しくなります。

住所も引っ越して電話も解約すれば、追いかける術がなくなりますので、注意が必要でしょう。オフィス自体はレンタルオフィスのようですので、かなり簡単に逃げられると思います。

どんなビジネス?

この友達の輪プロジェクトは、LINEを利用したアフィリエイトのようです。アフィリエイトとは、サイトやブログに広告を貼って稼ぐ広告ビジネスになりますが、最近はこの方法が幅広くなっており、SNSやLINEに広告を貼るというのが現在ブームになっています。

LINEの場合には、直接的に相手に送ることができるため、サイトを作ってアクセスを集めるより簡単に顧客にメッセージを届けることが可能なのです。

友だちにアフィリエイトをすることの危険性

アフィリエイト自体は非常に優れたビジネスモデルだと思います。自分自身がその道の専門家であれば、商品の良し悪しを顧客目線でレビューして、それに興味を持った人が商品を購入する。

全員がWin-Winの関係になれるビジネスだと思っています。しかし、それをプライベートの友達に行うのはいくつかの危険性があります。

収入を得ようと思ったら、単に商品を紹介するだけではいけません。基本的にその商品が買われることで、その商品購入代金の一部が自分の収入となるのです。

ということは、見てもらうだけではなく、買ってもらう必要があるという事です。収入欲しさに押し売りのような形をとってしまうと友達がいなくなるのは理解できるでしょう。

「そんなことしないよ」と思うでしょうが、実際にやってみれば今後の関係性が変わることが理解できるでしょう。普段多くても数人から十数人の人としか連絡を取ることはないでしょう。

仕事や私生活もありますから、四六時中誰かと連絡を取れる方がおかしいです。そんな中で収入を増やそうと思ったら、普段連絡を取らない人にもLINEで商品を紹介する必要性が出てきます。

相手からすると、そこまで仲良くもなかったのに、急に連絡が来て商品を紹介されるわけです。保険のセールスマンと同様に煙たがられるような存在になりかねません。

私の個人的な意見としても、急に商品の紹介をされ始めたら、親友でもない限り、縁を切る可能性があります。

これは、非常に危険です。その友達から噂が回れば、小さなコミュニティなら嫌煙される存在になる可能性だってあるのです。

非常に非効率的なビジネスモデル

そして、収益の面から見ても今回の友達の輪プロジェクトは、非常に非効率的と言わざるを得ません。アフィリエイトはあくまでも売り上げの一部をもらうビジネスモデルです。

ということは、今回の「最低月収40万円」を達成しようと思ったら、少なくとも友達全員を合わせて40万円以上の売り上げを作る必要があります。100%が自分に入ってきてその額が必要ですので、現実的には売上として最低でも100万円は必要になるでしょう。

アフィリエイト料率が10%だとすると売り上げで400万円が必要になります。それだけの売上を毎月上げるのは、個人では不可能でしょう。

一般的なサイトを使ったアフィリエイトであれば、不特定多数の人がサイトを見てくれるので、達成の可能性はありますが、たとえタイムラインなどを利用するとしても、自分の友達が数千人・数万人単位でいないことにはビジネスとしては成り立たないでしょう。

まとめ

今回は、安藤真の友達の輪プロジェクトを見てきました。会社情報を始め、非常に危険なビジネスであると共に、単純な収益面から見ても現実味のない内容になっています。

今回の案件は、アフィリエイトという物自体は聞いたことがあるけど、
「LINEを利用するアフィリエイトなんて、これまで聞いたことがない」
といった人をひっかけるための情報商材だと思われます。

現在ネット上でも炎上しつつあるこの友達の輪プロジェクトは、参加することに対するデメリットが非常に大きく、参加するべきではないと判断しています。