「 2016年04月 」一覧

断食を取り入れてデトックスしながらダイエットしよう

ダイエットというものはどうしても長く続かないと駄目ですね。途中で諦めてしまうからこそ、なかなか痩せないんです。そんな時には、やっぱり根気を付けましょう。そして、自分が痩せて綺麗になった姿を夢見れば、より痩せることができますよ。

ダイエット方法では断食もやるといいですね。断食はずっと水だけで過ごすんです。なかなか難しいですが、それでも慣れれば簡単ですね。その水はミネラルウォーターを飲むと、より効果が上がります。

ミネラルウォーターには健康的な成分が多く含まれているのが魅力的です。そして、より体の中のデトックスができるんです。老廃物を綺麗に出しては、ますます綺麗に痩せることができるんです。

そのミネラルウォーターで痩せるサプリを飲めば、より痩せることができますよ。その方法では、ゼリーを食べるのがポイントです。そのゼリーを食べれると、より満腹感を得ることができるんです。

ゼリーは消化や吸収率が高いからこそ、よりダイエット向きですね。そのゼリーに栄養素が含まれていれば、より栄養素を色々と摂取することができ、より無理なく減量することができるんです。

また、断食をするには、老廃物をデトックスするには、ニンジンを食べるのも良い方法ですね。ニンジンは、根野菜ですから、より満腹感を得ることができます。

そして、β-カロチンを含みますから、より栄養素を補えます。このニンジンジュースは、お寺の断食メニューでも取り入れている方法なのです。

ミキサーでニンジンをジュースタイプにします。この方法ならより吸収率も上がります。そして、消化に良いから、脂肪になりにくいんです。

そして、筋肉トレーニングを取り入れるんです。ダンベルを持っては、それを動かします。そのダンベルの他には、足にも重りを付けては、それを動かしては、筋肉を鍛えるんです。

そして、お風呂に入り、より新陳代謝を高めるなども取り入れてみましょう。ダイエットを成功させるには、体を冷やさないようにするんです。


ファスティングによる体脂肪率の減少と専門家による指導

ダイエットでは、食事の摂取量などは大きなポイントになります。やはりあまり食事の量が多すぎますと、体脂肪率などは増えてしまう傾向があるのです。多くの食事を摂取するというより、やはり控え目にする方が望ましい事も多いのですね。

ところで、ここ最近ファスティングという用語が使われるようになりました。ファスティングとは、いわゆる断食という意味合いに近いですね。そして、それは一定の効果は見込めるのです。

断食をする事になるので、もちろん食事の回数などは減らすわけです。食事の回数を減らしてみれば、やはり体脂肪率に対して少なからぬ影響があります。なぜなら体脂肪率の増加に関わる原因を減らせる訳ですから、当然ダイエット効果が見込める訳ですね。脂分などの摂取量を減らせば、もちろん痩せられると考えられるでしょう。またコレステロール値を下げる事によって、体脂肪率の減少効果も見込めます。

また食事のボリュームを減らすのも、大きく関わってくるのですね。コレステロールの絶対量を減らす事で、体脂肪率を減少させるという考え方もあります。いずれにしても、ファスティングはダイエットに対して一定の効果は見込めるでしょう。

ただし1つ気をつけた方が良い点もあって、その方法で減量を試みるならば、必ず医師の方に相談をした方が良いのですね。というのも自己流の方法でファスティングを試みてしまいますと、トラブルが発生する場合があります。例えば水分の摂取量などに関する話です。

減量のために食事の量を減らすのは良いですが、残念ながら水分の量を減らすのは、あまり良くありません。むしろ逆効果になってしまうケースもあるのです。
それらに関する注意点がいくつか見られますので、ファスティングを試みるならば、誰か専門の方の指導の下で行う方が良いでしょう。いわゆる断食道場などに通えば、ダイエットに成功するケースも多いですね。自己流で行うというより、専門知識が多い方の指導の下で行う方が、成功率も高まるでしょう。”


食べながら痩せられる夢のような食事療法です 

レジスタントスターチダイエットをしています。きっかけは、私が太ってきたことを気にしていたら、知人がテレビで見たというレジスタントスターチダイエットを教えてくれたことです。最初は聞き慣れない言葉で、何それ? と言ってしまいましたが、世界一受けたい授業でやったことで大きな反響となったダイエット方法です。その後、ネット上でも散見されているダイエット方法になりました。

食品に一工夫させるだけで、ダイエット効果が見込めるという方法です。岐阜大の早川先生の話しなので、確実です。レジスタントスターチは、消化されないでんぷんということです。保温されている米よりも、冷えている米の方が小腸で消化吸収されにくい、つまりカロリーが蓄積されにくい、ということです。だから食べても太りにくくなります。むしろ痩せます。

冷えている米は、便通にも良い食物繊維に似通っている成分も含まれているということで、痩せることにますます良いです。温まっている米は吸収されやすくなります。冷えている米は、レジスタントスターチというものになるため、小腸で吸収されにくいとされています。

私はこの話しを聞いて、ネットでも見かけてから、米を冷やすように心がけました。運動する時間もなかなか取れない、でも、食欲だけはある、という状態で困っていたからです。私のやり方ですが、予め炊飯器から食べたい分の米を大きなお皿に取ります。米を伸ばして、しばらくして冷めたら、冷蔵庫に入れます。冷蔵庫で少し冷えた4度くらいが、レジスタントスターチ値が高まるということだからです。

確かに太りません。一食で2膳ほど食べても全然お腹が出ません。ただし、温かいご飯ではないので、美味しさは半減してしまいます。冷たいし、固いです。カロリーが吸収されないというのは、本当だろうな、というのは冷たい米を食べていれば実感できます。食べたな、というある程度の満足度は得られますが、温かい米を食べたときのような満腹感はないからです。それでも食事制限なく痩せられるので、良い方法です。即効性がある痩せる食事メニュー方法でした。


無理なダイエットは必要ありません

痩せたい願望というのは、女性であれば誰もが抱いているのではないでしょうか。そして痩せるためには必ずダイエットというものが必要になってきます。

痩せたいという願望が強ければ強い程、キツいダイエットをしてしまう傾向にあります。しかし、キツいダイエットというのはそれだけたくさん痩せる事ができるというものでもありません。それどころか、長く続ける事ができないために失敗に終わるケースの方が多いといっても過言ではないのではないでしょうか。痩せるためには、キツいダイエットというのは必要ではないと覚えておきましょう。必要なのは、着実に痩せる事ができて長く続ける事ができるという事なのです。

キツい方法で痩せようと思うと、上手に痩せる事ができないだけではなく、それ以外にも難点が出て来てしまいます。というのも、例えばキツい食事制限を行うとします。そうすると必然的に栄養不足に陥ってしまいます。栄養不足になれば肌にも良くありませんし、女性の大切な美容が損なわれる結果になってしまうのです。当然健康にも良くありません。

その他にも、キツい運動をいきなりすると足をくじいたり、転んだりして怪我をする恐れがあります。急な運動は体に思っている以上に負担をかけるものですから、おすすめできません。また運動だけではいくらハードにやっても思うように痩せないという事実も知っておいて損はないと言えるのではないでしょうか。
このように痩せたいと思ったときに何かキツい方法をとるというのは、色々な側面からおすすめできるものではないという事を是非覚えておきましょう。そうすれば、きっと皆さんも正しい減量を行う事ができるようになるのではないでしょうか。正しい減ができれば、きっとこれからの人生もより楽しむ事ができるようになるのではないでしょうか。

多くの痩せたいという願望を持っている女性の方々にとって、ここで解説をしてきた事が参考になってくれれば幸いです。”